KEEP A CLEAN TEETH DENTISTRY

患者から見る最近の歯科医院

歯科の選び方は難しくないですか。私はよく失敗します。病院でも、内科や外科は出す薬も症状によって大凡決まっているので、そこそこ安心して通えます。しかし歯科になるとお医者さんの技術がもろに影響が出る為、虫歯治療時の詰め物が上の歯と中々噛み合わず、寝ている時に歯ぎしりをしていた事もあります。
また、詰め物の色が白過ぎて他の歯と馴染まなかったり、詰め物が直ぐに取れてしまう事もあったりして、急いで他の歯科医院に行ったこともありました。かと言って他の病院とは違い、仕事で平日の夜遅くにしか行けない時は、夜間外来という形ではなく、夜遅くまでやっている病院を探すしかなく、家から遠い場所にあった時は、本当に苦労しました。
最近は、心斎橋に出ると夜遅くまでやっている歯科医院が増えてきたので、その中から選べる選択肢が増え、技術の高い歯科医も夜遅くまでやっているところもちらほら出来てきて、とても助かっています。ただ一つ困っている事は、イケメンや美人の歯科医院が増えた事です。歯科医院を売る上でとても重要な要素と思いますが、自分でも見にくい部分を見られていると思うと、とても恥ずかしく思います。昔ながらの話しやすい信頼出来る歯科医と早く出会いたいし、そういった歯科医院の方が増えてくれると尚有り難いと感じます。

本棚が充実している歯科医院は良い

本棚が充実している歯科医院は好評価です。もちろん、歯科治療の腕前が素晴らしい歯科医師がいることことそ、良い歯科医院のまずは条件だとは思うのですが、しかしながらやっぱり外せないポイントとしては、「歯科医院の本棚」ですね。
なぜに「歯科医院の本棚」にこだわるのかと言いますと、それはもちろん歯医者の待ち時間が長いからです。これで待ち時間がほとんどないような歯医者ばかりでしたらば、ハッキリと言って歯科医院の本棚は充実している必要がありませんよ。
けれども、歯科医院での待ち時間は大抵長ーいものですから。午前中の一番最初の患者として入らない限り、歯科医院ではたいてい何十分か待たされます。そしてだからこそ、本棚をはじめとした待合室での「時間つぶしアイテム」が充実している歯科医院は助かるのです。
ただし、待合室でテレビがつけっぱなしになっている歯科医院はいただけません。かなり個人的な意見のように聞こえるか知れませんが、意外と「病院の待合室のテレビがイヤだ」という人は多いものですからね。そしてだからこそ、テレビが流しっぱなしではない本棚が充実している待合室を設けている歯科医院は、とても助かると言えるでしょうか。意外とこのポイントは「ありそうでない」ものだったりしますので。

歯科の定期検診は大事

私は40代、上の子が生まれてから12年。今では3人の母親になり、自分が子供の頃はあまり定期検診など行ったことがなく、行くのは歯が痛くなってから、そして痛い治療に涙ながらに耐えるという感じでしたので大人になった今でも歯医者さんは苦手としてます。そんな思いを子供たちにはさせたくないので、年少に上がってからは全員歯科の定期検診デビューさせています。
4ヶ月に1回の定期検診なので、全員いっぺんに行ってしまえば通うのも面倒ではないですし、なんたって私の地域では6年生までは小児医療で無料で検診も治療も受けられます。習慣にしてしまえば子供たちも怖がることもなく、たとえ虫歯が出来てしまったとしても小さいうちに治療ができてしまうので痛みもほとんど感じないようです。それと重要なのは歯科選び!私はママ友のネットワークを駆使して色々な情報を聞き、とても素敵な歯科に出会えたことが更に良かったのだと思います。
1度目の診察では、子供に歯科の器具に慣れてもらうために看護師さんがこれはただグルグル回って歯を綺麗にしてくれるんだよ~、これはね水がピューって出て最初はビックリするかもしれないけど慣れると気持ちがいいんだよ♪ととても丁寧に子供に向き合ってくれる歯医者さんです。そう思うとまずは自分にあった歯科を見つけるのが重要なのかもしれませんね!

TOP